年末に、テレビでかにの特集を観ました。通販でかにを買えるという話で、みんなで「おいしそう」といったくらい、身の詰まったかにがたくさん入っていたので、送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。届いたかにを調理して一安心しました。ぎっしり身が入っていました。しっかりした味のかにですばらしいお年賀でした。今でも家族でかにの話をします。今年も買いたいです。北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、かになら通販で頼むのが断然便利でお得と知り合いに勧められたのを思い出し、申し込んでみました。意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前から旅行が出来ない人でも自宅でかにが食べられるようにと、発送するシステムはあったというのです。当時は、生ものの発送という画期的な試みが信用できる根拠もあまりなかったので、わざわざ好き好んで通販なんかで得体の知れないかにを買わされて、その挙げ句、味の方の保証もないわけですし、途方もなく無謀な試みに思えたものです。昔と違い、通販会社も高品質のかにを届けるための努力の甲斐あって、美味しいかにが通販でも買えるようになったのです。訳あり品のお得感って癖になりますよね。訳ありに目がない私は、ネットでもお店でもまず訳ありチェックをするのが常ですが、近頃気になっているのがかに通販の訳あり品です。訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。お店によって基準もバラバラですが、あくまでも生鮮食品ですから、鮮度が極端に落ちているとか、味に問題があるようなものは出回りません。でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけではじかれるのです。商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようです。気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にするようなことは何もないことがよくわかったことと思います。安心して購入し、たっぷり召し上がって欲しいですね。ネットで「かに通販」を検索すると、比較サイトや特集サイトがおいしそうなかにの写真をたくさん載せています。だからこそ、どこを選んでいいか迷ってしまう人も増えているのも事実です。かに通販のビギナーです、という方には、テレビ通販がぴったりです。テレビ番組はどこも、扱う商品を厳選しています。テレビ通販業者の厳しい目をくぐってきているので失敗のない品だと考えてください。支払いや返品も含め、通販初心者でも安心して買えます。ただし、ネットより多くの人が見ているので、いいものは売り切れ必至です。蟹通販を使えば、お店や市場まで出向かなくても、全国各地で水揚げされた美味しい蟹が自宅に取り寄せられます。ですが、蟹通販業者は今では増えてきましたから、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。そんな方にお勧めなのが人気ランキングです。これを見れば、どんな業者が人気なのか、容易に把握できます。こうした人気ランキングは信用できるので、上位の業者の売れ筋商品であれば、まずハズレを引くことはありません。蟹通販で蟹を取り寄せるなら、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか色々と考えを巡らせてしまうかもしれませんが、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それなら殻が既に剥いてあって扱いが簡単な、ポーションの蟹がいいと思います。蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。皆が大好きな蟹。蟹がよく獲れる地域として、代表的なのは、やはり北海道でしょう。多くの種類の蟹が獲れる北海道。品種によって多少の差はあれど、色々な蟹が獲れるという点では、やっぱり北海道の蟹が一番です。でも、それはそれとして、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。どうにかして安くかにを手に入れたいと一度は考えた方が多いのはもっともです。方法はいろいろありますが、確実なのはご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば小売りを通さない分、安く買えます。一般的には、小売店や百貨店よりも安く新鮮なものが手に入ります。また、市場に出向く時間がない方は、通販ならば安く買えるのでおすすめです。タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、最も有名で人気があるのはズワイガニでしょう。蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。一度その味わいを知ってしまうと、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグを確認するのをクセにしてください。秋も終わりに近づくと皆さん、かにを食べたくなりますよね。寒いときにみんなで囲むかに鍋は冬の楽しみを味わえます。せっかくの鍋をさらにおいしく食べたいなら、かにを買うのに一足伸ばして、早起きして、市場へ買いに行くとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。通販をまめにチェックして、かにを買うのもかなりおいしいかにに出会えます。

脱毛サロンのエタラビの噂は賛否どちらの意見もあって、無理な勧誘をされたりマナーの悪い店員がいたりといった評判があるかたわら、とても親切丁寧で、しつこい勧誘なんて聞いたこともないという口コミもあります。よそのサロンより効果が高かった、他店舗へ移れて助かるという感想もあるので、お近くの店舗で体験してみるといいかも知れません。昔からの脱毛法と光脱毛をくらべると、痛みが少なくて肌への負荷が軽減された脱毛法として人気があります。ただ、肌質は人によって違います。デリケートなお肌の人の場合、光脱毛の施術でヤケドしたような症状になることもあるでしょう。また、日焼け後に光脱毛を受けると、ヤケドの症状があらわれやすいので、要注意です。脱毛エステを受ける前に、無駄毛処理をおこないます。脱毛をして貰うには、施術前には、自分の無駄毛をあらかじめ、処理しておきます。無駄毛処理の方法は、負担の軽い電気シェーバーが人気です。カミソリでムダ毛処理をすると、施術直前は、控えて下さい。切り傷になってしまった場合、施術ができません。脱毛サロン利用の短所を考えてみますと、とにかくそれなりのお金が必要になるということかも知れません。刃物や薬品など市販品を使って自分で処理を試みるより、ずっと高額のお金が必要になる場合が多いはずです。そして、脱毛サロンの利用は予約を取る決まりとなっていますから、そういう煩わしさから通いのモチベーションが低下してしまうことも考えられます。さらにまた、サロンの施術は脱毛クリニックの医療脱毛よりも効果が若干劣るという点も不満に思われるところでしょう。毛を抜いてくれるエステの掛けもちは大丈夫かというと大丈夫です。掛けもちを拒否している脱毛サロンはないので、これっぽっちも問題ではありません。というより、掛けもちした方が、普通の値段より安く脱毛してくれます。脱毛サロンによって違う料金を提示しているため、価格の差を上手に使って下さい。ただ、掛けもちする事で各種の脱毛サロンに行かなければならないので、面倒です。家庭で簡単にムダ毛の脱毛をすることができるレーザー脱毛器が存在しています。家庭における使用を意図してレーザーの出力を抑えているので、危険性について心配することなく使うことが出来ます。脱毛の効果は医療機関で行なうものに比較して低くなりますが、医療機関で脱毛を行なうには予約しなければならず自身の発毛サイクルと合わないケースが少なくありません。自宅で脱毛をするのであれば、自分の発毛サイクルに合わせて脱毛することが出来ます。お客様の立場に立った脱毛サロンとしてRINRINは口コミでの評判が高いです。他の脱毛サロンでは効果を実感できなかった人が評判を聞いて行ってみて、RINRINを当初から選びたかったと悔やむそうです。店舗間を移動することもできて、接客が丁寧かつ親身な点が評価されています。そして、ジェル未使用の施術を行なうので時間を節約することができます。脱毛器を使う利点と言えば、別の処理方法よりも満足できる仕上がりだし、脱毛サロンなどとくらべてみるとコストが低く済むことがあげられます。更に言うと、隙間時間を使って処理できることが、脱毛器による自己処理の利点だといえるのです。購入するにはまとまった費用が必要となりますし、カートリッジを交換するなど少し煩わしいものもありますが、全身脱毛するなら脱毛サロンほど費用はかかりません。脱毛サロンでは生理中の施術をおこないません。すべての脱毛サロンが生理中の施術を断る所以ではないので、気になる人は契約前に確認しておくと良いです。生理中はホルモンバランスが崩れていて、体調は万全ではありませんし、肌のトラブルが起こりやすいという説もあるでしょうから、できれば施術を受けるのは止めておいたほうがいいですね。アンダーヘア、いわゆるVIOラインについては汚れや感染についての問題もあり、施術を受けることはできません。脱毛サロンに行こうとする前には、やはり肌を直接見られるのだからキレイに毛を剃らなければと考えて、しっかりとムダ毛を剃って行きました。ですが、実際にその場になってみると随所に剃り残したムダ毛が残っていて、まあまあ恥ずかしい思いをしてしまいました。そのうえ、体毛の量や生え方を確認するために、剃らずに行くほうがいいそうです。

『イヴ・サンローラン』という映画を鑑賞。全く興味も無く、だから当然知識も無いファッション業界。
その業界に長らくトップとして君臨した男のドキュメンタリー。
映画は、長年公私のパートナーでもあったピエール・ベルジェのインタビューを基に構成されている。つまりイヴ・サン=ローランのデザイナーとしての人生を追った映画だということ。 こっちは何の知識も無いから、彼がディオールの弟子だということも、同性愛者だということもちっとも知らなかった。
映画の中に、彼が左手薬指にリングをしている写真があったが、それはピエールとの愛の証だったのだろうか。どうでもいいことだけど。
彼の表での顔は超有名人だから大体の人がわかるのだろうけど、その影にある彼の苦悩をピエール・ベルジェは淡々と話していく。それは、イヴを失った彼が、まるで自分の心までを無くしてしまったかのように。
できれば、社会との係わり合いをもっと深く追求して欲しかった。こちとら、それほど彼自身については興味が無い訳で、彼のことばかり語られてものめり込んでいくことはない。それより、あれだけの人なのだから、社会や世界の繋がりの中で、お互いにどう影響しどう影響されたかを描いてくれればもっと興味を持てる内容になったと思う。

ベルリンの壁が崩される9年前の話。
確か日本でも、この頃になると東ドイツの実情はかなり知られてきていたと記憶する。
所謂“共産国”という恐怖国家で、西側への逃避を願っている女医の物語。
予告篇でも表されていたが、このバルバラとは、国家にとって好ましからざる思考・行動があり、その為に地方の病院へ左遷されてきたことが窺い知れる。しかも、赴任先でも、一見親切にしてくれるアンドレは、同僚でもある一方彼女の監視員でもある。
かつて、太平洋戦争時に日本でも“隣組”という組織が制度化されていたが、結局相互監視の組織の意味合いが強く、この作品当時の東ドイツや今の北朝鮮のような密告が奨励されていた時期もある。相互扶助組織なんてのは、見せかけの姿に過ぎない。
バルバラも国家による監視を受けているが、その隙を見計らいながら誰かと連絡を取り合っている。第二次世界大戦時のパルチザンのようなものかとも思ったが、それよりもっと素朴なもので、西側に住む恋人との連絡であった。
しかし、それにしてもそれは国家にとっては危険分子の動き以外の何物でもなかった。
彼女はただ単に恋人との愛にあふれた将来を夢見て、それを誰にも邪魔されたくなかっただけなのに、彼女を取り巻く環境はそれを許さない。
そして、彼女の医師という自意識をくすぐる事件も起きる。
ステラという作業所(北朝鮮で言う所の収容所みたいなものだろう)を命からがら逃げ出して、しかも妊娠までしているらしい。バルバラに信頼感を覚えたステラは、作業所に戻さないでとお願いするが、バルバラ一人の力ではどうにもならず、結局ステラは戻されていってしまう。
そこは映画。
ステラは去って行っただけで終わったのではない。
バルバラが恋人の手配で西側に逃げようと計画された夜、作業所を抜け出してきたステラがバルバラのアパートに逃げ込んでくる。どうやら宿った命は流してしまったようだ。
ステラを連れて約束の海岸へ向かうバルバラ。待っていると約束通り、脱出の請負人がやってくるが、彼が携えていたのは一人乗りのボートのみ。バルバラは迷うことなく、請負人にステラを託す。
一方バルバラが去って行ったアパートには、監視人のシュッツと同僚のアンドレが駆けつける。血と治療の跡を見てとったシュッツはアンドレに「もう彼女が帰ってくることはない」と言い残してアパートを立ち去る。
普通に考えればそうなのだろうが、翌朝自殺未遂した少年の看病に当たっていた病院に戻ったアンドレの下にバルバラは戻ってくる。

医師としての覚悟と罪人としての覚悟をした、ラストシーンでのバルバラの目線は力強いが、彼女のその後を考えるとやるせなくなってしまう。

きのうの夕食は、酢豚だった。

 

私は、酢豚があまり好きではない。
理由は酢豚の味付けがもともと濃いわけではなく、野菜は野菜の味肉は、肉の味しかしないから。
きのう食べた酢豚は、買って来た時も暖かかったということもあったかもしれないが、味付けは良かった。

 

とんねるずの食わず嫌い王などで、芸能人が、酢豚の嫌いな理由にパイナップルが一緒になってるから。
という理由をあげている芸能人がいるが、私は、小さい時酢豚にパイナップルは、嬉しかった。
酢豚を食べる時は、肉とパイナップルだけを取り、食べていた。
私は、あとに残った野菜を食べるのが方が嫌だった。
ピーマンとタマネギがどうしても合うとは思えない。
なので、中華料理を食べても酢豚はあまり好んで食べない。
きのう食べた酢豚は、パイナップルは入っていなかった。
おそらく理由は、酢豚のパイナップルは嫌いと云われるのが、わかっているので、あえて入れてないんだと思う。

 

私は、果物の入っているサラダとか食べるのは、それほど嫌いではない。
確かに、果物のだけで食べるより、味は劣ると思うが、果物の味はするので、許せる範囲だ。
テレビでみた覚えがあるが、みかんご飯とか、イチゴご飯のほうが、どうしても抵抗がある。
ご飯に果物の甘味が移るのがおいしいとは、どうしても思えない。

今年の夏は、晴れたら猛暑だけど、先月は下旬に梅雨が明けたら、暑かったが、台風の影響で時折激しく雨がふったりぐずついて曇っていてとても蒸し暑い日が続いています。暑いけどからっと晴れてくれないかなと思います。早く台風がにげてくれないかなと思います。今は台風が朝鮮半島のほうにあるらしくて動きがゆっくりのようです。外にでるのもちょっとおっくうで天気が良ければなあと思います。海にいったり家の近くには川土手や小高い山があるので散歩にでもいきたいのに。それに洗濯物が乾かないものがたまってしまって困ってしまいます。こうも雨の日がつづくど部屋がじめじめしてきます。雨の日はどう楽しく過ごそうか。夏も8月になったのにまた梅雨にはいってしまったかのようです。布団もじめじめしてきます。昨日はすっきりしないので部屋の掃除をしました。台所のシンクを掃除したり冷蔵庫に賞味期限の食材を捨てるなどしてすっきりさせました。あと窓を拭いたり、食器などを整理したり、それがすんだら雨だったけど図書館に行くことにしました。学生の頃は漫画が好きだったのだけど、最近現代小説にはまっていて、ほんを読むことが面白いなと思いました。図書館は静かだし、ゆっくりすごすのにいいです。

旅行先で、お昼にどこかで何か食べようということになって、旅先の名物料理のお店に入ることにしました。意気込んで入ってみたら、テーブル席はいっぱいで、座敷のちゃぶ台風の机の席に座ってと言われました。足を伸ばせなくて、仕方なくさっさと食べて店を出ることにしました。名物料理に興味を持っていた子供も、お店のバタバタ感にちょっと気持ちをそがれた感じだったので、次はどこか別のお店でデザートを食べようと気持ちを入れかえ、元気を出して出発することにしました。道を走行中にファミリーレストランを発見して、「よし、ここでデザートだ」と車を入れました。ところが、駐車場は裏まで満車。「えー、ダメなの?しょうがないから出よう」ということになって再び出発。走行中、別のファミリーレストランを発見。そこに入ることにしました。駐車場も空いていたし。ところが、店内に入ると空席待ちの客でいっぱいでした。「ここもダメか」ということでまた出発。全国チェーンのケーキショップを発見してそこに入ることにしました。すごく空いていそうでした。でも入ってみたら、喫茶コーナーは休業中。「えー、ここもダメか」となってまた別の店を探索することに。ファーストフード店を見つけて車を乗り入れようとしたら、ドライブスルー待ちの車で駐車場の入り口をブロックされ、ドライブスルーの盲点を発見したような気持ちになりドッと疲れました。

毎日暑い日が続きますね!我が家ではなかなか昼間外に出られないので、午前中、掃除が終わってからは、ベランダで水浴び→アイス→ビデオ鑑賞の日々です。最近、プールでも病気の菌がでたり色々だからなかなか連れ出せなくてやることがワンパターン化してしまっています。ちょうどベランダの一角が午前中でも日陰になるのでそこにタルをおいて遊ばせます。水浴び用のおもちゃが我が家にはあまり無いので(お風呂用はあるのですが、なかなか外で使う気になれず)おもちゃはペットボトルと子供銀行の小銭と砂場遊びの100均のセット。今日の暑さは異常なので私も足を浸からせてもらって涼みました。2歳児はすっぽんぽんでもおかしくないから羨ましいですよね!とっても涼しそう!この間、電気も全て消して遊べるから、節電にもなるしイイですね!手がシワシワになるのが嫌いな我が子は、だいたい30分から1時間で飽きてくれるので、終わったら自分でタルの水をベランダに撒き散らし、片付けをしようとし、濡れたまま部屋の中に入ります。水浴びが終わったら、かき氷で喉を潤します。この流れが子供にも根付いたのか、私の手を引いて台所へ連れて行く様になりました。この暑さはいつまで続くのでしょうね、お外大好きな子供も最近はでたがろうとしないので、本当に暑いのでしょうね。皆様もお身体にはお気をつけて、

いつも保育園に行く時にわたしの友達のかっくんに会います。娘はかっくんに会うのを毎日楽しみにしていて、かっくんがいないと、(か行がなかなか言えないらしく)あっくんないねぇ?と、キョロキョロさがします。探して見つけたところで人見知りを発揮してさっきまでの元気が嘘かのように黙ります。そしてわたしの影に隠れてしまいます。一応かっくんには会いたいけど、人見知りにはかなわないというとこなのでしょうか。これを毎日繰り返していて、こないだは、結局かっくんには会えず保育園についてしまい、その間ずっと、あっくんないねぇ?、まだかねぇ?。とずっと喋っていました。最近では、あっくんないのよ?と、保育園の先生にも伝えるようになりました。そして先日、いつも通りに、あっくんないねぇ?、と言っていたらいきなりかっくんが後ろから娘を抱き上げました。その瞬間びっくりなのか、かっくんの顔をみて照れてしまったのか、両手で顔を隠し、次にとった行動が、かっくんに思わずチュー!私もかっくんもビックリ!2歳児にして、恋愛をしていたのか?!というぐらいの行動でした。そのまま、かっくんはデレデレになり、娘を一緒に保育園まで送ってくれました。次の日、あっくんないねぇ?は無くなり無言でキョロキョロ探すようになり、見つけた瞬間、走ってかっくんに抱っこをせがむようになりました。彼女的に人見知りがなくなったというより、恋が実ったように見えました。よかったねー!